JGAA日本ガラス工芸協会 to top to English page
会員  

加藤 千秋 / Chiaki KATOH
1955〜
東京都/Tokyo
■ハーフミラーという素材にサンドブラストの技法を主に私の一環したテーマである。「自然との共存」を表現しつづけています。光のあて方で様々に変化しつつ作品の前のあなたと背景が一体化して真の作品が完成します。


経歴:
1980 多摩美術大学立体デザイン科ガラスコース卒業
1991 「第1回日本ガラスアート展」旭硝子賞/東京
1995 「東京ガラスアート展'95」大賞/長野
1997 「Made in Japan展」エベルトフトガラス美術館 /デンマーク
2003 「日本の現代ガラスアート展」ガラスピラミッドギャラリー/ハンガリー
activity:
1980 Graduated from Tama Art University, Glass Course
1991“The 1st Japan Glass Art Exhibition”, Tokyo : Asahi Glass Prize
1995 “Tokyo Glass Art Exhibition‘95”, Tokyo :Grand Prize
1997 “Made in Japan”, Ebeltoft Glasmuseum, Denmark
2003 “Contemporary Glass Art in Japan”, Glass PyramidGallery, Hungary


「ザ センス オブ ワンダー 2015」
"The sense of wonder 2015"
2015年
H50×W50×D50cm
サンドブラスト他
「ザ センス オブ ワンダー 2012」
"The sense of wonder 2012"
2012年
H78×W53×D25cm
サンドブラスト、ダイヤモンドポイント
「沈黙の春 2002#4」
"Silent Spring 2002 #4"
2002年
74×60×25cm
サンドブラスト, ダイヤモンドポイント, 他

arrow戻る 

トップページ | お問い合わせ | サイトマップ | English |  ©2006 JGAA